JaCVAMの活動

2018年 JaCVAMの研究活動

 → 2018年 <誌上発表> <学会発表・セミナー発表> <発表資料>
 -- 2017年
 -- 2016年
 -- 2015年
 -- 2014年
 -- 2013年
 -- 2012年
 -- 2011年
 -- 2010年
 -- 2009年
 -- 2008年
 -- 2007年
 -- 2006年

誌上発表
-- 2018年
  • 小島 肇: 動物を用いない代替法の新しい胎動, 日本薬理学雑誌, 2018, 151(2), 52-55.
  • Casati S, Aschberger K, Barroso J, Casey W, Delgado I, Kim TS, Kleinstreuer N, Kojima H, Lee JK, Lowit A, Park HK, Régimbald-Krnel MJ, Strickland J, Whelan M, Yang Y, Zuang V: Standardisation of defined approaches for skin sensitisation testing to support regulatory use and international adoption: position of the International Cooperation on Alternative Test Methods. Arch Toxicol. 2018 Feb;92(2):611-617.
  • Tsukumo H, Matsunari N, Yamashita K, Kojima H, Itagaki H: Lipopolysaccharide interferes with the use of the human Cell Line Activation Test to determine the allergic potential of proteins. J Pharmacol Toxicol Methods. 2018 Feb 10;92:34-42.
  • Koyama S, Arakawa H, Itoh M, Masuda N, Yano K, Kojima H, Ogihara T: Evaluation of the metabolic capability of primary human hepatocytes in three-dimensional cultures on microstructural plates. Biopharm Drug Dispos. 2018 Feb 22.
  • Daniel AB, Strickland J, Allen D, Casati S, Zuang V, Barroso J, Whelan M, Régimbald-Krnel MJ, Kojima H, Nishikawa A, Park HK, Lee JK, Kim TS, Delgado I, Rios L, Yang Y, Wang G, Kleinstreuer N: International regulatory requirements for skin sensitization testing. Regul Toxicol Pharmacol. 2018 Mar 5. pii: S0273-2300(18)30066-7.
  • Narita K, Ishii Y, Vo PTH, Nakagawa F, Ogata S, Yamashita K, Kojima H, Itagaki H.: Improvement of human cell line activation test (h-CLAT) using short-time exposure methods for prevention of false-negative results. J Toxicol Sci. 2018;43(3):229-240.
  • 小島 肇: 皮膚・粘膜毒性, トキシコロジー第3版, 朝倉書店, pp279-286.
  • 小島 肇: 動物実験代替法, トキシコロジー第3版, 朝倉書店, pp320-325.
  • 小島 肇: 動物実験代替法としての臓器チップへの期待, 臓器チップの技術と開発動向,シーエムシー出版,pp.6-13.
  • 小島 肇: 化粧品の安全性評価-動物実験代替法の利用, 肌/皮膚,毛髪と化粧品科学,薬事日報社,pp.263-274.
  • 小島 肇: 皮膚の安全性・有用性評価法,第1章 3次元皮膚モデルにおける評価モデルの作製と評価,第1節 3次元皮膚モデル作製のノウハウ,技術情報協会,pp. 3-13.
  • 小島 肇: 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場,第1章 利用できる細胞の種類,細胞ソース,第1節 in vitro実験の重要性と培養細胞の選択方法,シーエムシー・リサーチ,pp. 3-6
  • 小島 肇: 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場,第1章 3次元皮膚モデルにおける評価モデルの作製と評価,第1節 3次元皮膚モデル作製のノウハウ,皮膚の安全性・有用性評価法,シーエムシー・リサーチ,pp. 211-214
  • 小島 肇: 厚労省ガイダンスを踏まえた今後の動物実験代替法活用の在り方,COSMETIC STAGE, 2018-6,技術情報協会, pp1-9
topback

学会発表・セミナー発表
-- 2018年
  • 小島 肇: OECDにおける試験法標準化のための戦略,第3回日本医療研究開発機構レギュラトリーサイエンス公開シンポジウム「レギュラトリーサイエンス研究のグローバル展開」(2018.2)(東京)
  • Kojima H, Furukawa M, Itoh K, Sakakibara T, Matsuura M: An Approach for Assessing Mild Irritants with the Bovine Corneal Opacity and Permeability Test Method, 57th Annual meeting of Society of Toxicology (2018.3) (San Antonio, USA)
  • Ono A, Watanabe S, Sugawara T, Wakabayashi K, Tahara Y, Horie N, Fujimoto K, Kusakari K, Kurokawa Y, Sozu T, Nakayama T, Kusao T, Kawakami T, Kojima K, Kojima H, Richmond J, Kleinstreuer N, Bae-Hwa K, Yamamoto Y, Fujita M, Kasahara T: A Multi-Centre Validation Study of Amino Acid Derivative Reactivity Assay (ADRA): A Novel In Chemico Alternative Test Method for Skin Sensitization, 57th Annual meeting of Society of Toxicology (2018.3) (San Antonio, USA) 
  • 村上将登, 赤木隆美, 小島 肇, 明石 満: LbL 3D Skinモデルを用いた皮膚刺激性試験代替法の国際標準化に向けて: 第17回日本再生医療学会総会(2018.3)(横浜)
  • Kojima H: New trend on alternative to animal testing in Japan, OpenTox 2018(2018.5)(Tokyo, Japan)
  • Kojima H: Alternative Test Methods Developed in Japan and South Korea for Regulatory Use, 8th Conference of Alternative Methods (2018.6) (Shanghai, China)
  • 小島 肇: In vitroモデルの創薬開発への活用, 日本組織培養学会第91回大会(2018.6)(名古屋)
  • 加藤義直, 山本直樹, 平松範子, 佐藤 淳, 中田 悟, 小島 肇: 不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した三次元角膜再構築モデルの眼刺激性試験代替法~刺激性と回復性の評価~, 日本組織培養学会第91回大会(2018.6)(名古屋)
発表資料
-- 2018年 topback