JaCVAMの活動

2018年 JaCVAMの研究活動

 → 2018年 <誌上発表> <学会発表・セミナー発表> <発表資料>
 -- 2017年
 -- 2016年
 -- 2015年
 -- 2014年
 -- 2013年
 -- 2012年
 -- 2011年
 -- 2010年
 -- 2009年
 -- 2008年
 -- 2007年
 -- 2006年

誌上発表
-- 2018年
  • 小島 肇: 動物を用いない代替法の新しい胎動, 日本薬理学雑誌, 2018, 151(2), 52-55.
  • Casati S, Aschberger K, Barroso J, Casey W, Delgado I, Kim TS, Kleinstreuer N, Kojima H, Lee JK, Lowit A, Park HK, Régimbald-Krnel MJ, Strickland J, Whelan M, Yang Y, Zuang V: Standardisation of defined approaches for skin sensitisation testing to support regulatory use and international adoption: position of the International Cooperation on Alternative Test Methods. Arch Toxicol. 2018 Feb;92(2):611-617.
  • Tsukumo H, Matsunari N, Yamashita K, Kojima H, Itagaki H: Lipopolysaccharide interferes with the use of the human Cell Line Activation Test to determine the allergic potential of proteins. J Pharmacol Toxicol Methods. 2018 Feb 10;92:34-42.
  • Koyama S, Arakawa H, Itoh M, Masuda N, Yano K, Kojima H, Ogihara T: Evaluation of the metabolic capability of primary human hepatocytes in three-dimensional cultures on microstructural plates. Biopharm Drug Dispos. 2018 Apr;39(4):187-195.
  • Daniel AB, Strickland J, Allen D, Casati S, Zuang V, Barroso J, Whelan M, Régimbald-Krnel MJ, Kojima H, Nishikawa A, Park HK, Lee JK, Kim TS, Delgado I, Rios L, Yang Y, Wang G, Kleinstreuer N: International regulatory requirements for skin sensitization testing. Regul Toxicol Pharmacol.  2018 Jun;95:52-65.
  • Narita K, Ishii Y, Vo PTH, Nakagawa F, Ogata S, Yamashita K, Kojima H, Itagaki H.: Improvement of human cell line activation test (h-CLAT) using short-time exposure methods for prevention of false-negative results. J Toxicol Sci. 2018;43(3):229-240.
  • 小島 肇: 皮膚・粘膜毒性, トキシコロジー第3版, 朝倉書店, pp279-286.
  • 小島 肇: 動物実験代替法, トキシコロジー第3版, 朝倉書店, pp320-325.
  • 小島 肇: 動物実験代替法としての臓器チップへの期待, 臓器チップの技術と開発動向,シーエムシー出版,pp.6-13.
  • 小島 肇: 化粧品の安全性評価-動物実験代替法の利用, 肌/皮膚,毛髪と化粧品科学,薬事日報社,pp.263-274.
  • 小島 肇: 皮膚の安全性・有用性評価法,第1章 3次元皮膚モデルにおける評価モデルの作製と評価,第1節 3次元皮膚モデル作製のノウハウ,技術情報協会,pp. 3-13.
  • 小島 肇: 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場,第1章 利用できる細胞の種類,細胞ソース,第1節 in vitro実験の重要性と培養細胞の選択方法,シーエムシー・リサーチ,pp. 3-6
  • 小島 肇: 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場,第1章 3次元皮膚モデルにおける評価モデルの作製と評価,第1節 3次元皮膚モデル作製のノウハウ,皮膚の安全性・有用性評価法,シーエムシー・リサーチ,pp. 211-214
  • 小島 肇: 厚労省ガイダンスを踏まえた今後の動物実験代替法活用の在り方,COSMETIC STAGE, 2018-6,技術情報協会, pp1-9
  • Fujita M, Yamamoto Y, Watanabe S, Sugawara T, Wakabayashi K, Tahara Y, Horie N, Fujimoto K, Kusakari K, Kurokawa Y, Kawakami T, Kojima K, Kojima H, Ono A, Katsuoka Y, Tanabe H, Yokoyama H, Kasahara T: Cause of and countermeasures for oxidation of the cysteine-derived reagent used in the amino acid derivative reactivity assay, J Appl Toxicol. 2018 Sep 16. doi: 10.1002/jat.3707
topback

学会発表・セミナー発表
-- 2018年
  • 小島 肇: OECDにおける試験法標準化のための戦略,第3回日本医療研究開発機構レギュラトリーサイエンス公開シンポジウム「レギュラトリーサイエンス研究のグローバル展開」(2018.2)(東京)
  • Kojima H, Furukawa M, Itoh K, Sakakibara T, Matsuura M: An Approach for Assessing Mild Irritants with the Bovine Corneal Opacity and Permeability Test Method, 57th Annual meeting of Society of Toxicology (2018.3) (San Antonio, USA)
  • Ono A, Watanabe S, Sugawara T, Wakabayashi K, Tahara Y, Horie N, Fujimoto K, Kusakari K, Kurokawa Y, Sozu T, Nakayama T, Kusao T, Kawakami T, Kojima K, Kojima H, Richmond J, Kleinstreuer N, Bae-Hwa K, Yamamoto Y, Fujita M, Kasahara T: A Multi-Centre Validation Study of Amino Acid Derivative Reactivity Assay (ADRA): A Novel In Chemico Alternative Test Method for Skin Sensitization, 57th Annual meeting of Society of Toxicology (2018.3) (San Antonio, USA) 
  • 村上将登, 赤木隆美, 小島 肇, 明石 満: LbL 3D Skinモデルを用いた皮膚刺激性試験代替法の国際標準化に向けて: 第17回日本再生医療学会総会(2018.3)(横浜)
  • Kojima H: New trend on alternative to animal testing in Japan, OpenTox 2018(2018.5)(Tokyo, Japan)
  • Kojima H: Alternative Test Methods Developed in Japan and South Korea for Regulatory Use, 8th Conference of Alternative Methods (2018.6) (Shanghai, China)
  • 小島 肇: In vitroモデルの創薬開発への活用, 日本組織培養学会第91回大会(2018.6)(名古屋)
  • 加藤義直, 山本直樹, 平松範子, 佐藤 淳, 中田 悟, 小島 肇: 不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した三次元角膜再構築モデルの眼刺激性試験代替法~刺激性と回復性の評価~, 日本組織培養学会第91回大会(2018.6)(名古屋)
  • 小島 肇: 動物実験代替法の現状について, 第6回IET情報交換会(2018.7)(東京) 
  • 小島 肇: 幹細胞を活用した動物実験代替法の動向, 皮膚基礎研究クラスターフォーラム (2018.7)(東京)  
  • Kojima H: Recent Activities for safety assessment, International Symposium on Cosmetic Regulation (2018.7) (Tokyo) 
  • 小島 肇: 教育講演:ガイドライン化を目指したin vitro試験系導入の具体的な留意点, 第45回日本毒性学会学術年会 (2018.7)(大阪)  
  • 伊藤浩太,遠藤ちひろ、榊原隆史,河村公太郎,松浦正男,小島 肇: ウシ摘出角膜を用いる眼刺激性試験(BCOP試験)腐食性・強刺激性物質の判定における組織学的検査の有用性, 第45回日本毒性学会学術年会(2018.7)(大阪) 
  • 小島 肇: ワークショップ 生殖は制毒性試験の国際標準化、代替法の適正確認とは何か, 第58回日本先天異常学会学術集会(2018.7)(東京)   
  • 小島 肇: OECD TG とJaCVAM提案書の現状、日本動物実験代替法学会技術講習会「毒物劇物の判定にどう代替法を用いるか」(2018.8)(東京)  
  • 小島 肇: 皮膚・粘膜毒性、光毒性、代替試験法、第21回日本毒性学会基礎教育講習会(2018.8)(東京)   
  • 足利太可雄: 動物実験代替法開発の現状と化粧品の安全性保証、先端化粧品科学シンポジウム(2018.8)(東京)
  • Kojima H: New Approach on Alternative to Animal Test Methods in JaCVAM and Japanese projects, The 15th Annual meeting of Korean Society of Alternative to Animal Experiments (2018.8) (Seoul, Korea)
  • 小島 肇: 化粧品の安全性と評価、東京理科大学オープンカレッジ「化学品を支える科学と技術の基礎」(2018.9)(東京)
  • 足利太可雄: h-CLATを用いた各種IATA(統合戦略)について-OECDガイダンスを中心に-、h-CLAT法に関する技術セミナー(2018.9)(秦野, 神奈川)
  • Kojima H: Introduction and research status of AAT in JaCVAM, The 2nd International Conference on Cosmetics Alternative Methods in NIFDC (2018.9) (Beijing, China)
  • Kojima H: New methods validation and AAT regulatory acceptance in Japan, The 2nd International Conference on Cosmetics Alternative Methods in NIFDC (2018.9) (Beijing, China)
  • Kojima H:An Introduction to the ICCR and Principles for the Safety Assessment of Cosmetic ingredients, The 2nd Asian Congress (2018.10) (Guangzhou, China)
  • Kojima H: Japanese Strategy on Alternative to Animal Test Methods for Systemic Toxicology, 20th International Congress on In Vitro Toxicology (2018.10) (Berlin, Germany)
  • Kojima H, Atsushi Ono, Masahiro Takeyoshi: Performance and future plan for EDCs testing and assessment in Japan, Current Status and Future Plan for Endocrine Disrupting Chemicals Testing and Assessment (2018.11) (Seoul, Korea)
  • 小島 肇, 黒澤 努, 鈴木 真, 武吉正博, 諫田泰成, 竹内小苗, 佐久間めぐみ, 中村 牧, 寒水 孝: 日本動物実験代替法学会 国際交流委員会報告, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)
  • 山口宏之, 小島 肇, 竹澤俊明: Vitrigel-EIT(Eye Irritancy Test)法の適用範囲, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本) 
  • 丸山 諒, 洪水麻衣, 三田地隆史, 小島 肇, 板垣 宏: h-CLAT におけるNLRP3 インフラマソームの影響, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)   
  • 小林(九十九)英恵, 生地加奈実, 山下邦彦, 小島 肇, 板垣 宏: タンパク質のアレルギー性を評価するin vitro 試験法の開発 試薬中LPS の影響除外に関する検討(第1 報), 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本) 
  • 生地加奈実, 小林英恵, 山下邦彦, 小島 肇, 板垣 宏: タンパク質のアレルギー性を評価するin vitro 試験法の開発 薬中LPS の影響除外に関する検討(第2 報), 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)
  • 山本直樹, 平松範子, 山下宏美, 大倉華雪, 松山晃文, 小島 肇: Human iPS-Hand1 細胞を用いた新規発生毒性評価試験法の開発, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)  
  • 赤木隆美, 村上将登, 田口浩之, 池田英史, 宮崎裕美, 加藤雅一, 山田知美, 足利太可雄, 明石 満, 小島 肇: 三次元培養皮膚モデルLbL-3D Skin を用いた皮膚刺激性試験法のバリデーション研究), 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)
  • 木村 裕, 安野理恵, 渡辺美香, 小林美和子, 岩城知子, 藤村千鶴, 近江谷克裕, 山影康次, 中島芳浩, 小林眞弓, 大森 崇, 足利太可雄, 小島 肇, 相場節也: Multi-Immuno Tox Assay(MITA):バリデーション研究の結果, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)
  • 畠山由梨, 大竹利幸, 西田勇人, 廣田衞彦, 尾上誠良, 戸倉新樹, 足利太可雄, 上月裕一: Weight of Evidence を用いた光感作評価系の構築 ~光感作データベース~, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本) 
  • 大竹利幸, 畠山由梨, 西田勇人, 廣田衞彦, 足利太可雄, 戸倉新樹, 上月裕一: Weight of Evidence を用いた光感作評価系の構築 ~光h-CLAT の改良~, 日本動物実験代替法学会第31回大会(2018.11)(熊本)  
  • Kojima H: JSAAE Promotion of the 3Rs in Asia, National Conference on Alternatives to Animal Experiments (NCAAE-2018) (2018.11) (New Delhi, India)   
発表資料
-- 2018年 topback