JaCVAMの活動

2006年 JaCVAMの研究活動

-- 2017年
 -- 2016年
 -- 2015年
 -- 2014年
 -- 2013年
 -- 2012年
 -- 2011年
 -- 2010年
 -- 2009年
 -- 2008年
 -- 2007年
 → 2006年  <誌上発表> <学会発表・セミナー発表>

誌上発表
-- 2006年
  • 久保健太郎、浜島史泰、加藤雅一、畠賢一郎、小島肇夫、小西宏明、皮膚刺激性試験代替材料としてのヒト3次元培養表皮モデルと皮膚モデルの比較、フレグランスジャーナル2006-1(2006)
  • 小島肇夫、動物実験代替に関する最近の動向、化粧品技術者会誌、40(4)263-268(2006)
  • 小島肇夫、皮膚毒性の安全性評価、化粧品の各種評価技術、化粧品大全、pp.407-416情報機構(2006)
  • Hajime Kojima, Izumi Ishii, Satoru Nakata and Hiroaki Konishi, Dose-response evaluation using an Epidermal model, an alternative to skin irritation testing, Altern. Animal Test. EXperiment,11, 177-184 (2006)
topback

学会発表・セミナー発表
-- 2006年
  • H. Kojima, Current activities on alternative research in Japan, KSOT/KEMS Spring Annual Meeting, Alternative Toxicology and Marine Ecotoxicology, Korea(2006)
  • 小島 肇、JaCVAM (Japanese Center for the Validation of Alternative Methds) 新規試験法評価室の紹介、日本環境変異原学会 MMS研究会第49回定例会、熱川(2006)
  • 小島 肇、局所毒性試験代替法、ワークショップ3 動物実験代替法(動愛法に定められた3Rs原則の実現のために-動物実験代替法の最近の進歩-)、第33回日本トキシコロジー学会学術年会、名古屋(2006)
  • H. Kojima, 6th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences, Symposium on Laboratory Animal & Biosafety, 2nd International Forum on Laboratory Animal Science and Technology, Beijing (2006)
  • H. Kojima, Evaluation of skin toxicity using 3-dimensional cultured skin model, the 19th annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, Kyoto (2006)
  • H. Kojima, JaCVAM Update, Scientific Advisory Committee on Alternative Toxicological Methods, North Carolina (2006)
  • 小島 肇、JaCVAMの設立と使命、日本産業皮膚衛生協会第39回研修会、京都(2006)
  • 小島 肇、特別企画1:動物実験代替法に関する最近の国内外の動向、国内において現在進行中の評価試験プロジェクト紹介、日本動物実験代替法学会第20回大会、東京(2006)
  • 大森崇、出原賢治、小島肇、寒水孝司、有馬和範、後藤浩彦、花田智彦、五十嵐良明、猪田健人、金澤由基子、小坂忠司、牧栄二、森本隆史、篠田伸介、篠田直樹、武吉正博、田中正志、浦谷衛、宇佐美雅仁、山中淳、米田知史、吉村功、湯浅敦子、皮膚感作性試験代替法(LLNA-DA法)バリデーション研究、第20回日本動物実験代替法学会、東京(2006)
topback