JaCVAMの活動

2010年 JaCVAMの研究活動

-- 2017年
 -- 2016年
 -- 2015年
 -- 2014年
 -- 2013年
 -- 2012年
 -- 2011年
 → 2010年  <誌上発表> <学会発表・セミナー発表>
 -- 2009年
 -- 2008年
 -- 2007年
 -- 2006年

誌上発表
-- 2010年
  • 小島肇夫、薬用化粧品の承認取得における安全性試験をめぐる問題点、医薬部外品有効成分承認取得のための対策と課題、フレグランスジャーナル社、48-58(2010)
  • 小島肇夫、医薬部外品の製造販売承認申請における安全性試験の資料に関するあり方検討会報告、日皮協ジャーナル、32(2)、82-91(2010)
  • 小島肇夫、メーカー担当者が知っておくべき最近の動物実験代替法の話題、コスメティックステージ、4(5)、56-61(2010)
  • Hajime Kojima. Commentary to the Discussion on Topics 3, " In Vitro Test Approaches with Bettre Predictivity" at the 5th International Workshop on Genotoxicity Testing. Genes and Environment, 32(2), 40-42, (2010)
  • 小島 肇、有用性化粧品の処方とその活用, シーエムシー出版、東京都、pp.147-151 (2010)
topback

学会発表・セミナー発表
-- 2010年
  • 小島 肇:今後の展望、JaCVAM第3回ワークショップ、h-CLATシンポジウム、東京(2010)
  • Kojima, H., Arai, S. and Hojyo, M.: Adequate conditions for performance of comet assay using 3-dimensional human epidermal model, 49th Annual SOT meeting, Salt Lake City (2010)
  • W Stokes, M Wind, D Blakey, J Kreysa, H Kojima, E Anklam: Establishment of the International Cooperation on Alternative Test Methods (ICATM) and Its Role in the Validation and Regulatory Acceptance of Globally Harmonized Safety Assessment Methods, 49th Annual SOT meeting, Salt Lake City (2010)
  • P Ceger, F Deal, D Allen, G Clark, P Pazos, J de Lange, S Bremer, M Nakamura, H Kojima, A Ono, R Tice, W Stokes, Testing of Coded Substances in the NICEATM/ECVAM/JaCVAM LUMI-CELL® STTA Multiphase International Validation Study, 49th Annual SOT meeting, Salt Lake City (2010.3)
  • 山本直樹、谷川篤宏、内藤紘策、綾木雅彦、小島 肇、平野耕治、堀口正之:マウス水晶体上皮細胞の不死化細胞の作出、 第114回 日本眼科学会総会(2010.4)
  • 小島 肇:ヒトiPS細胞を用いた新規in vitro毒性評価系の構築、日本製薬工業協会セミナー(2010.5)
  • 小島 肇:パネルディスカッション 新しい感作性および局所刺激性(皮膚・眼)試験法のOECDテストガイドライン, 日本トキシコロジー学会学術年会,沖縄 (2010.6)
  • 小島 肇:医薬部外品、化粧品のRegulatory Scienceの展望, 第11回光老化研究会, 東京慈恵会医科大学(2010.7)
  • Hajime Kojima. Global impact of 3'Rs on regulatory process: sharing experiences and future trends. XII International Congress of Toxicology, Barcelona, Spain (2010.7)
  • Hajme Kojima, Thoru Inoue, Yasuo Ohno. JaCVAM's role of new alternatives to animal testing and international harmonization. XII International Congress of Toxicology, Barcelona, Spain (2010.7)
  • 小島 肇:昨今の国際バリデーション研究の進捗, 皮膚基礎研究クラスターフォーラム 第5回教育セミナー (2010.8)
  • 小島 肇:皮膚感作性試験のインビトロ代替法の現状, 日本免疫毒性学会学術大会, 独立行政法人国立環境研究所 大山記念ホール (2010.9)
  • Kojima, H., Arai, S. and Hojyo M. Importance of each human model and the optimal protocol for regulatory use of skin irritation assay. The 23rd Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, Hokkaido University, Sapporo, Japan (2010.9)
  • 小島 肇:パイロジェン試験, 大阪医薬品協会技術研究委員会, 大阪 (2010)
topback