JaCVAMの活動

2013年 JaCVAMの研究活動

-- 2017年
 -- 2016年
 -- 2015年
 -- 2014年
 → 2013年  <誌上発表> <学会発表・セミナー発表>
 -- 2012年
 -- 2011年
 -- 2010年
 -- 2009年
 -- 2008年
 -- 2007年
 -- 2006年

誌上発表
-- 2013年
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(15) 単回投与毒性試験-経口-,COSME TECH JAPAN, 3(1)68-72(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(16) 動物実験代替法を巡る動向2012年,COSME TECH JAPAN, 3(2)51-58(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(17) 経皮投与毒性試験-単回・反復-,COSME TECH JAPAN, 3(3)52-55(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(18) 遺伝毒性試験-組合せ,COSME TECH JAPAN, 3(4)74-77(2013)
  • 小島 肇夫:経皮吸収型製剤の安全性を考える,ファルマシア,49(5),415-419(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(19) 遺伝毒性試験-エイムス試験,COSME TECH JAPAN, 3(5)82-85(2013)
  • 小島 肇夫:動物実験代替安全性試験プロトコル集,シーエムシー出版,3- 10(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(20) 遺伝毒性試験-哺乳類の培養細胞を用いる試験,COSME TECH JAPAN, 3(6)72-77(2013)
  • 小島 肇夫:機能性化粧品と薬剤デリバリー,シーエムシー出版,22- 27(2013)
  • Kojima H, Hayashi K, Sakaguchi H, Omori T, Otoizumi T, Sozu T, Kuwahara H, Hayashi T, Sakaguchi M, Toyoda A, Goto H, Watanabe S, Ahiko K, Nakamura T, Morimoto T.:Second-phase validation study of short time exposure test for assessment of eye irritation potency of chemicals., Toxicology In Vitro, 27(6), 1855-69 (2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(21) 遺伝毒性試験-げっ歯類を用いる小核試験,COSME TECH JAPAN, 3(7)116-120(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(22) ウサギを用いる眼刺激性試験,COSME TECH JAPAN, 3(8)67-71(2013)
  • 小島 肇夫:化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定,サイエンス&テクノロジー,29-65(2013)
  • Yamaguchi H, Kojima H, Takezawa T:Vitrigel-Eye Irritation Test Method using HCE-T cells, Toxicological Sciences, 135(2), 347-55(2013)
  • 小島 肇夫,技術講座 安全性評価試験(23) 実験動物を用いる皮膚刺激性試験,COSME TECH JAPAN, 3(9)81-84(2013)
  • 小島 肇夫:In vitro毒性・動態評価の最前線,シーエムシー出版,1-7(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(24) 実験動物を用いる連続皮膚刺激性試験,COSME TECH JAPAN, 3(10)22-25(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(25) 実験動物を用いる皮膚一次刺激性試験,COSME TECH JAPAN, 3(11)36-39(2013)
  • 小島 肇夫:日本動物実験代替法学会バリデーション委員会とJaCVAM,日本動物実験代替法学会 第25回大会記念誌,27-34(2013)
  • 小島 肇夫:経皮吸収性の試験法と評価法,株式会社 情報機構,1-54(2013)
  • 小島 肇夫:技術講座 安全性評価試験(26) 実験動物を用いない眼刺激性試験, COSME TECH JAPAN, 3(12)44-48(2013)
  • Stokes W, Srinivas G, McFarland R, Kulpa-Eddy J,Casey W, Walker A, Draayer H, Sebring R, Brown K, Balks E, Stirling C, Klaasen E, Hill R, Rippke B, Ruby K, Alt D, Mukhopadhyay S, Kojima H, Johnson N, Rinckel L, Doelling V, Jones B.:Report on the international workshop on alternative methods for Leptospira vaccine potency testing: state of the science and the way forward., Biologicals, 41 (5), 279-94 (2013)
  • Kojima H: Update from the Japanese Center for the Validation of Alternative Methods (JaCVAM).,Alternatives to Laboratory Animals, 41(6), 435-441(2013)
topback

学会発表・セミナー発表
-- 2013年
  • 小島 肇:iPS細胞を用いた安全性評価試験が行政的に受け入れられるために,日本学術会議薬学委員会シンポジウム 「iPS細胞研究の創薬への応用」,東京(2013.1)
  • 古川 正敏,六川 潤美,榊原 隆史,伊藤 浩太,藤平 司郎,平賀 武夫,小島 肇,松浦 正男:眼刺激性評価のための牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)‐病理組織学的検査を中心に‐,第29回日本毒性病理学会総会および学術集会,茨城(2013.2)
  • 小島 肇:最近の動物実験代替法の開発状況,革新的な医療機器の開発と動物実験代替法の最前線,東京(2013.2)
  • Kojima H, Annaka N, Tsuchiya S, Yoshitake Y, Xu R, Suzuki M, Shimatani W, Kajita A, Nakamura M, Watanabe M, Nakajima M, Sakamoto K, Takeda R, Hisama M, Ikeda H, Inagaki M, Munechika Y, Yamamoto Y, Kasahara T, Fukuda T, Nakahara S, Watanabe S, Kurata H, Shinoda S, Katoh M:Collaboration study on eye irritation alternative method with human corneal model; LabCyte CORNEA-MODEL24,52th Society Of Toxicology, San Antonio, Texas(2013.3)
  • Casey W, Ceger P, Strickland J, Rinckel L, Grignard E, Bremer S, Kojima H, Han SY, Stokes W: Regulatory Acceptance of the BG1Luc Estrogen Receptor Transactivation Test Method, 52th Society Of Toxicology, San Antonio, Texas(2013.3)
  • Kulpa-Eddy J, McFarland R, Srinivas G, Walker A, Halder M, Kojima H, Brown K, Draayer H, Sebring R, Doelling V, Jones B, Johnson N, Rinckel L, Casey W, Stokes W: International Workshop on Alternative Methods for Veterinary Leptospira Vaccine Potency Testing, 52th Society Of Toxicology, San Antonio, Texas(2013.3)
  • Toda T, Onoue S, Seto Y, Takagi H, Osaki N, Kawakami S, Matsumoto Y, Iwase Y, Yamamoto T, Wakuri S, Hosoi K, Nakamura K, and Kojima H : Intra- and inter-laboratory validation study on reactive oxygen species (ROS) assay for photosafety evaluation of pharmaceuticals, 52th Society Of Toxicology, San Antonio, Texas(2013.3)
  • Hamada S, Takashima R, Shimada K, Matsumoto K, Kawakami S, Tanaka J, Matsumoto H, Nakai T, Imamura T, Matsumura S, Sanada H, Terashima Y, Inoue K, Muto S, Hagio S, Hayashi A, Takayanagi T, Ogiwara Y, Maeda A, Narumi K, Takasawa H, Ogawa I, Ohyama W, Wako Y, Kawasako K, Morita T, Kojima H, Hayashi M, Honma M:Evaluation of Repeated Dose Liver Micronucleus Assay in Rats: Summary of Collaborative Study by CSGMT/JEMS.MMS,52th Society Of Toxicology, San Antonio, Texas(2013.3)
  • Sunouchi M, Nakazawa K, Kikura-Hanajiri R, Kobayashi K, Kojima H and Usami M:Age-dependent capability of drug metabolism in commercial available human hepatocyte,52th Society Of Toxicology , San Antonio, Texas(2013.3)
  • 小島 肇:動物モデルの必要性,日本薬学会第 133年会,横浜(2013.3)
  • 山口 宏之,小島 肇,竹澤 俊明:Vitrigel-EIT法:経上皮電気抵抗値を指標とした高感度な眼刺激性試験法,日本薬学会第 133年会,横浜(2013.3)
  • 内野 正,竹澤 俊明,山下 邦彦,小島 肇,清水 久美子,秋山 卓美,五十嵐 良明:ビトリゲルチャンバーを用いた皮膚感作性試験代替モデルの開発(その2)― THP-1細胞のみを用いた方法について―,日本薬学会第 133年会,横浜(2013.3)
  • 加藤 尚視,世戸 孝樹,尾上 誠良,細井 一弘,若栗 忍,岩瀬 裕美子,山本 敏誠,松岡 奈央子,中村 和市,戸田 嗣人,高木 広憲,大崎 尚人,松本 康弘,川上 哲,山田 静雄,大野 泰雄,小島 肇:ROS アッセイ多施設バリデーション: 物性からの光毒性リスク予測を目指して,日本薬学会第 133年会,横浜(2013.3)
  • 小島 肇:シンポジウム8:in vitroを用いた創薬安全性評価とその外挿性,in vitroによるスクリーニング(総論),第40回日本毒性学会 学術年会,幕張(2013.6)
  • 山口宏之,小島 肇,竹澤俊明:Vitrigel-EIT法:ヒト角膜上皮組織シート型培養モデルをもちいた高感度なin vitro眼刺激性試験,第40回日本毒性学会 学術年会,幕張(2013.6)
  • 川上哲,尾上誠良,松本康浩,戸田嗣人,大崎尚人,若栗忍,岩瀬裕美子,山本敏誠,高木広憲,中村和市,細井一弘,小島 肇:医薬品の光毒性ポテンシャル評価のためのROSアッセイバリデーション試験,第40回日本毒性学会 学術年会,幕張(2013.6)
  • 内野正,竹澤俊明,山下邦彦,小島 肇,清水久美子,秋山卓美,五十嵐良明:Vitrigel-EIT法:ヒト角膜上皮組織シート型培養モデルをもちいた高感度なin vitro眼刺激性試験,第40回日本毒性学会 学術年会,幕張(2013.6)
  • 小島 肇:日本での皮膚感作性代替法開発状況について,皮膚感作性試験ワークショップ,東京(2013.7)
  • Kojima H:Workshop: Alternative Test Methods and International Regulatory perspectives, JaCVAM: Recent Progress and Future Plans for the Validation and Acceptance of Alternative Testing in Japan, The XIII International Congress of Toxicology, 2013,COEX, Seoul, Korea(2013.7)
  • Morita T, Kojima H, Hayashi M:General Principles of Chemical Selection for in vivo, Validation Studies, The International Symposium of the Center of Alternative Methods for Safety Evaluation of Cosmetics, COEX, Seoul, Korea(2013.7)
  • Kojima H:Our Practical Examples of International Validation Studies for Establishing OECD Test Guidelines , The International Symposium of the Cneter of Alternative Methods for Safety Evaluation of Cosmetics, COEX, Seoul, Korea(2013.7)
  • 小島 肇:代替法の国内外の動向,皮膚基礎研究クラスターフォーラム,東京(2013.8)
  • 小島 肇:動物実験代替法の国内外の動向と化粧品・医薬部外品の規制,日本化粧品技術者会 大阪支部 勉強会,大阪(2013.8)
  • 小島 肇:代替法の最新情報,動物実験についての知識を高めるための教育訓練,つくば(2013.9)
  • Kojima H, Oshimura M, Saito K, Saito F and Imatanaka N:Japanese Project “ARCH-Tox” for the Future Chemicals Management Policy: Research and Development of in vitro and in vivo Assays for Internationally Leading Hazard Assessment and Test Methods, 15th Annual Congress of European Society for Alternative to Animal Testing, Linz, Austria(2013.9)
  • Kojima H, Stokes W, Horii I, Hwan K.B and Spielmann H,Peer Review Panel Evaluation of the ROS Photosafety Assay, 15th Annual Congress of European Society for Alternative to Animal Testing, Linz, Austria(2013.9)
  • 小島 肇:in vitro探索毒性試験の展望,日本薬物動態学会 第28回年会シンポジウム9,東京(2013.10)
  • 小島 肇:三次元培養モデルの現状と可能性,株式会社ニコダームリサーチ 創立10周年記念特別講演会,東京(2013.10)
  • 小島 肇:動物を用いないで医薬部外品の承認申請を取ることは可能か?,日皮協 会員研修会,京都(2013.10)
  • Kojima H, Oshimura M and Imatanaka N:Japanese Project “ARCH-Tox” for alternative to 28-day repeated dose oral toxicity study), 10th annual Meeting of KSAAE (Korean Society of Alternative Animal Experiments), Seoul, South Korea(2013.11)
  • 小島 肇:昨今の皮膚毒性評価法の動向,安全性評価研究会 安全性評価研究会 2013年冬のセミナー,住友ベークライト,東京(2013.12)
  • 小島 肇:JaCVAM国際シンポジウム:日本動物実験代替法学会の活動,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 小島 肇:シンポジウム4:動物実験代替法の化粧品規制に関する現状,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 小島 肇:ランチョンセミナー:動物実験代替法開発における課題とカイコの可能性,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 内野 正,清水 久美子,竹澤 俊明,山下邦彦,小島 肇,秋山 卓美,五十嵐 良明:ビトリゲルチャンバーを用いた皮膚感作性試験代替モデル(下面暴露法),日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 丸谷 あおい,相場 節也,木村 裕,渡辺 美香,鈴木 紀之,岩城 知子, 山影 康次,斎藤 幸一,中島 芳浩,近江谷 克裕, 山崎 晶次郎,小島 肇,田中 憲穂,小林眞弓,森 梓,大森 崇:IL-8 Luc assayにおけるばらつきを考慮した班手基準の提案,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • Kojima H, Stokes W, Horii I, Hwan K.B. and Spielmann H:Peer Review Panel of the Japanese validation study of the ROS in vitro phototoxicity for ICH,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 加藤 義直,山本 直樹,佐藤 淳,中田 悟,小島 肇:不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY)を用いた三次元角膜再構築モデルの作製,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 古川 正敏,榊原 隆史,六川 潤美,伊藤浩太,佐々木 啓,平賀 武夫,小島 肇,松浦 正男:牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)における被験物質の濃度および曝露時間の影響,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 大森 崇,簾内 桃子,池田 英史,中村 香織,鄭 美淑,山影 康次,萩野 滋延,小島 肇:SIRC-CVS試験を用いた眼刺激性評価代替法の国際バリデーション研究 (II),日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 小島 肇,Nicole Kleinstreuer,Chae-Hyung Lim,寒水 孝司,渡辺 美香,新妻 健,山下 邦彦,福田 隆之,山口 典子,藤原 聖,山口 宏,竹澤 俊明:Vitrigel-EIT (Eye Irritancy Test) 法のプレバリデーション研究,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
  • 成田和人,石原有人,小島 肇,板垣 宏:培養細胞を用いた試験における難水溶性物質の暴露方法の検討,日本動物実験代替法学会 第26回大会,京都(2013.12)
topback