JaCVAMの活動

2017年 JaCVAMの研究活動

 → 2017年 <誌上発表> <学会発表・セミナー発表> <発表資料>
 -- 2016年
 -- 2015年
 -- 2014年
 -- 2013年
 -- 2012年
 -- 2011年
 -- 2010年
 -- 2009年
 -- 2008年
 -- 2007年
 -- 2006年

誌上発表
-- 2017年
  • Kojima H: Cosmetic Science and Technology: Theoretical Principles and Applications, Chapter 51: Safety Assessment of Cosmetic Ingredients, Elsevier, Netherlands, 2017, 793-803.
  • Narita K, Vo PTH, Yamamoto K, Kojima H, Itagaki H: Preventing false-negatives in the in vitro skin sensitization testing of acid anhydrides using interleukin-8 release assays, Toxicol In Vitro. 2017 Aug;42:69-75.
  • Akagi T, Nagura M, Hiura A, Kojima H, Akashi M: Construction of Three-Dimensional Dermo–Epidermal Skin Equivalents Using Cell Coating Technology and Their Utilization as Alternative Skin for Permeation Studies and Skin Irritation Tests, Tissue Eng Part A. 2017 Jun;23(11-12):481-490.
  • Arakawa H, Kamioka H, Jomura T, Koyama S, Idota Y, Yano K, Kojima H, Ogihara T.Preliminary Evaluation of Three-Dimensional Primary Human Hepatocyte Culture System for Assay of Drug-Metabolizing Enzyme-Inducing Potential. Biol Pharm Bull. 2017;40(7):967-974.
  • Ogihara T, Arakawa H, Jomura T, Idota Y, Koyama S, Yano K, Kojima H: Utility of human hepatocyte spheroids without feeder cells for evaluation of hepatotoxicity. J Toxicol Sci. 2017;42(4):499-507.
  • 小島 肇: 化粧品・医薬部外品の安全性評価のための動物実験代替法開発の現状と課題, フレグランスジャーナル, 2017-7, 12-16.
  • 諫田泰成,中村和昭,山崎大樹,片岡健,青井貴之,中川誠人,藤井万紀子,阿久津英憲,末盛博文,浅香 勲,中村幸夫,小島 肇,関野祐子,古江-楠田美保: 「細胞培養における基本原則」の提案, Tiss. Cult. Res. 2017, Commun.36, 13–19.
  • 小島 肇: 医薬品食品領域での動物愛護管理法の現在と未来, NPO動物実験関係者連絡協議会 第5回シンポジウム 報告
  • 書「動物愛護管理法」の過去・現在・未来, 2017, 15-20.
  • 小島 肇: 動物実験代替法開発の現状と今後の課題, 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 2017, 48(9), 600-607.
  • 井上治久,小島 肇,澤田光平,谷憲三郎,山本恵司,畠賢一郎: 再生医療技術を用いた創薬支援ツールの意義と展望, 再生医療, 2017, 16(3), 9-16.
  • 小島 肇: 化学物質の安全性評価に利用されるインビトロアッセイ(in vitro試験)法, 生物工学会誌, 2017, 95, 455-460.
  • Kojima H, Katoh M: In Vitro Skin Irritation Assay with the LabCyte EPI-MODEL, Part 1 Skin Irritation: Alternatives for Dermal Toxicity Testing, Springer, 2017, 73-80.
  • Kojima H, Hosoi K, Onoue S: Reactive Oxygen Species Assay for Evaluating Phototoxicity Potential, Part IV UV-Induced Effects (Phototoxicity and Photoallergy): Alternatives for Dermal Toxicity Testing, Springer, 2017, 477-482.
  • Kojima H, Hosoi K, Onoue S: Reactive Oxygen Species Assay for Evaluating Phototoxicity Potential, Part IV UV-Induced Effects (Phototoxicity and Photoallergy): Alternatives for Dermal Toxicity Testing, Springer, 2017, 477-482.
  • Kojima H: In Vitro Evaluation for Skin Toxicity, Skin Penetration and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical compounds, Springer, 2017, 297-304.
  • Kojima H: Related Topics: Safety Evaluation and Alternatives to Animal Testing for Skin Toxicity, Skin Penetration and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical compounds, Springer, Japan, 2017, 305-311.
  • Miyazaki H, Yamashita K, Uchino T, Takezawa T, Kojima H: Development of a Novel in Vitro Skin Sensitization Test Method using a Collagen Vitrigel Membrane Chamber, AATEX, 2017, 22(2), 141-154.
  • 小島肇, 西川秋佳: 日本動物実験代替法評価センター平成28年度報告, AATEX-JaCVAM, 2017, 6(1), 51-55.
topback

学会発表・セミナー発表
-- 2017年
  • 小島 肇: セミナー「動物実験代替法の現状と展望」,バイオインダストリー協会(2017.1)(東京)
  • 小島 肇: 日本における動物実験代替法研究の胎動,シンポジウム「日本における動物実験代替法の新たなる技術展開」,第90回日本薬理学会年会(2017.3) (長崎)
  • Furukawa M, Sakakibara T, Itoh K, Kawamura K, Matsuura M, Kojima H: Special stain for detection of corneal histopathological changes in BCOP (Bovine Corneal Opacity and Permeability) assay, 56th Annual meeting of Society of Toxicology (2017.3) (Baltimore, USA)
  • Kojima H: The application of in vitro skin absorption test in the safety assessment of cosmetic and medical, 7th Conference of Alternative Methods (2017.4) (Guangzhou, China)
  • Kojima H: AOPs are development by Japan in the OECD process, 2017 The 3rd International Conference on Toxicity Testing Alternative & Translational Toxicology (2017.7) (Nanjing, China)
  • 小島 肇: 試験法開発におけるGood Cell Culture Practice (GCCP)の重要性, 日本組織培養学会第90回大会(2017.6-7)(岡山)
  • 小島 肇: 動物実験代替法の国内外の動向, 皮膚基礎研究クラスターフォーラム(2017.7)(東京)
  • 小島 肇: 動物実験代替法の国内外の動向, ライフサイエンス法令セミナー(第3回)(2017.7)(京都)
  • 小野 敦, 渡辺真一, 菅原経継, 若林晃次, 田原 宥, 堀江宣行, 藤本恵一, 草苅 啓, 黒川嘉彦, 寒水孝司, 中山拓人, 草生 武, 河上強志, 小島幸一, 小島肇, Jon RICHMOND, Nicole KLEINSTREUER, Bae-Hwa KIM, 山本裕介, 藤田正晴, 笠原利彦: 新規in chemico皮膚感作性試験ADRA法の多施設バリデーション試験:第1報, 第44回 日本毒性学会学術年会(2017.7)(横浜)
  • 古川正敏,伊藤浩太,榊原隆史,越田美,奥村宗平,立野沙香,河村公太郎,松浦正男,小島肇: ウシ摘出角膜を用いる眼刺激性試験(BCOP試験)におけるPAS染色の有用性, 第44回 日本毒性学会学術年会(2017.7)(横浜)
  • Kojima H: Revision of Judgment Criteria for Poisonous and Deleterious Substances -Utilizing knowledge of effective alternatives to animal testing-, NC3R ,Toward global elimination of the acute toxicity ‘six-pack’ (2017.8) (Seattle, WA, USA)
  • Kojima H, Nishikawa A: JaCVAM update, 10th World Congress on Alternatives and Animals in the Life Sciences (WC10) (2017.8) (Seattle, WA, USA)
  • Sakai Y, Kojima H: Latest activities and future directions of JSAAE for Asian cooperation toward 3Rs, 10th World Congress on Alternatives and Animals in the Life Sciences (WC10) (2017.8) (Seattle, WA, USA)
  • Sakai Y, Kojima H: Latest activities and future directions of JSAAE for 3R, 14th Annual Meeting of Korean Society of Alternatives to Animal Experiments (KSAAE) (2017.8) (Seoul, Korea)
  • 小島 肇: Adverse Outcome Pathwayの基礎,現状と動向, 日本保健物理学会専門研究会「低線量・低線量率リスク推定法専門研究会」,電力中央研究所(2017.9)(東京)
  • 小島 肇: 国際環境における化粧品の 安全性評価の動向, 第7回JC/OEMセミナー(2017.10)(東京)
  • 小島 肇: 化粧品の国内外規制動向と安全性のリスク評価, 第7回CSJ化学フェスタ2017(2017.10)(東京)
  • Kojima H: The status of cosmetic safety regulation in Japan, 2017 China Cosmetics(Bayun) International Summit Forum(2017.9) (Guangzhou, China)
  • 小島肇, 黒澤 努,鈴木 真,武吉正博, 諫田泰成, 竹内小苗,佐久間めぐみ,中村 牧,寒水孝司: 日本動物実験代替法学会 国際交流委員会報告, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 小野 敦, 渡辺真一, 菅原経継, 若林晃次, 田原 宥, 堀江宣行, 藤本恵一, 草苅 啓, 黒川嘉彦, 寒水孝司, 中山拓人, 草生 武, 河上強志, 小島幸一, 小島肇, Jon RICHMOND, Nicole KLEINSTREUER, Bae-Hwa KIM, 山本裕介, 藤田正晴, 笠原利彦: 新規in chemico皮膚感作性試験ADRA法の多施設バリデーション試験:第2報, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 古川正敏,榊原隆史,伊藤浩太,松浦正男,小島肇:ウシ摘出角膜を用いる眼刺激性試験(BCOP試験)における病理組織学的検査を用いた弱刺激性物質判定の検討, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 謝丹,九十九英恵,山下邦彦,小島肇,板垣 宏:タンパク質のアレルギー性を評価試するin vitro試験法の開発,I.偽陽性評価の原因究明, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 九十九英恵,謝丹,山下邦彦,小島肇,板垣 宏:タンパク質のアレルギー性を評価試するin vitro試験法の開発,II.試薬中のLPSの影響除外に関する検討, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 平松範子,山本直樹,加藤義直,佐藤 淳,磯谷澄都,今泉和良,谷川篤宏,平野耕治,堀口正之,小島肇:不死化ヒト角膜上皮細胞株(iHCE-NY1)を用いて作製した三次元角膜構築モデルの眼刺激性試験代替法に関する研究, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 小島肇,森 梓,小林眞弓,篠田伸介,萩原沙織,山本裕介,笠原利彦,山口典子,佐藤亮佑,福田隆之,アミシアレクサンドラワタル,加藤雅一,真下奈々,大森崇:LabCyteEPI-Model24皮膚腐食性試験バリデーション研究, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 藤田正晴, 山本裕介, 渡辺真一, 菅原経継, 若林晃次, 田原 宥, 堀江宣行, 藤本恵一, 草苅 啓, 黒川嘉彦, 河上強志, 小島幸一, 小島肇, 小野 敦笠原 利彦:新規in chemico皮膚感作性試験ADRA法に使用するCys誘導体試薬(NAC)の酸化原因および防止策の検討, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 木村 裕,安野理恵,渡辺美香,小林美和子,岩城友子,藤村千恵,近江谷克裕,山影康次,中島芳浩,小林眞弓,大森 崇,小島 肇,相場節也:Multi-immuno Tox Assay(MITA):データセットの作成およびバリデーション研究の結果, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 木村 裕,渡辺美香,鈴木紀之,岩城友子,山影康次,斎藤幸一,藤村千鶴,近江谷克裕,中島芳浩,大森 崇,小島肇,相場節也:DMSOを用いないin vitro感作性試験, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 成田和人,石井悠貴,小島肇,板垣 宏:皮膚感作性試験h-CLATの偽陰性評価改善に関する検討(第二報), 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 洪水麻衣,三田地隆史,目崎美紀,丸山 諒,小島肇,板垣 宏:in vitro皮膚感作性試験におけるNLRP3インフラマソームの影響, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 三田地隆史,目崎美紀,洪水麻衣,丸山 諒,小島肇,板垣 宏:in vitro皮膚感作性試験h-CLATにおけるCD86,CD54の発現変動の検討, 日本動物実験代替法学会第30回大会(2017.11)(東京)
  • 小島 肇: 動物実験における代替法の重要性, 産総研 平成29年度 動物実験に関する教育訓練講演(2017.12)(つくば)
発表資料
-- 2017年 topback