JaCVAMは、化学物質等の安全性評価における動物実験の3Rs※の促進と
国際協調を重視した新規動物実験代替法の公定化を進めます。
※動物実験の3Rs・・・ Reduction (of animal use)
Refinement (to lessen pain or distress and to enhance animal well-being)
Replacement (of an animal test with one that uses non-animal systems or phylo-genetically lower species)
(OECD GD34)
「医薬部外品・化粧品の安全性評価のための複数の皮膚感作性試験代替法を組合せた評価体系に関するガイダンス」に関するパブリックコメントを募集します。

詳細はこちら→
経皮電気抵抗試験を用いた皮膚腐食性試験代替法の「評価報告書」および「評価会議報告書」に関するパブリックコメントを募集します。

詳細はこちら→
In vitro膜バリア試験を用いた皮膚腐食性試験代替法の「評価報告書」および「評価会議報告書」に関するパブリックコメントを募集します。

詳細はこちら→

〒158-8501
東京都世田谷区上用賀1-18-1
国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター
安全性予測評価部 第二室(JaCVAM事務局)